当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Androidスマホのカメラアプリでアスペクト比を変更する方法

カメラ Android

Androidスマートフォンのカメラアプリでは、少なくとも[16:9]と[4:3]でのアスペクト比(縦横比)で撮影が可能な場合が多いです。どちらがデフォルトかはアプリによって異なりますが、これは設定より変更することができます。

iPhoneでも同様のことが可能です。

写真の縦横比

カメラアプリで撮影した写真(画像)のアスペクト比(縦横比)は、機種や設定によって異なります。Androidスマートフォンの場合にはディスプレイのアスペクト比がカメラアプリのデフォルトに採用されていることがあり、ワイドの16:9や更に縦長・横長の18:9などと設定されていることもあります。

撮影した写真を撮影した機種で閲覧するには適していますが、別の機種やパソコンで閲覧すると長辺に合わせて「縮小して表示」したり「黒い帯を表示」されたりします。スマートフォンやパソコンで見る場合には拡大や移動ができるので大きく問題になることは少ないですが、通常の写真サイズに印刷(プリント)すると上下左右がカットされてしまうために「印象が変わった」「見たいところが切れた」と言ったことになりかねません。

このため、用途に合わせてアスペクト比を設定すると良いでしょう。

アスペクト比を設定する手順

Androidスマートフォンのカメラアプリは、機種やバージョンによって操作が大きく異なります。今回は例としてGoogleカメラを用います。
  1. アプリより【V】をタップします。

    Androidアプリ→カメラ

  2. メニューの[比率]より【ワイドクロップ(16:9)】または【画像全体(4:3)】を選択します。
    印刷(プリント)が前提であれば一般的な写真サイズである【4:3】、他のスマートフォンやパソコンで閲覧するにはワイドな【16:9】がオススメです。

    Androidアプリ→カメラ→メニュー

アスペクト比を設定するやり方は以上です。

アスペクト比ごとに複数の選択項目(解像度)が用意されている場合、よくわからなければ数値の大きな項目を選択しておけば良いでしょう。小さな項目を選択すると画像の容量を小さくすることができますが、画質が下がることがあるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました