Androidで誤って電話を掛けるのを防止する為に確認画面出す方法

スポンサーリンク
スマートフォン アプリ

Androidスマートフォンでは機種の設定によって連絡先アプリ(またはダイヤルアプリ)から電話番号をタップしただけで電話を掛けることができてしまいます。誤って画面に触れてしまうだけでも発信されてしまうので確認画面を出すようにしましょう。

スポンサーリンク

タップするだけで発信される

Xperiaなどにインストールされている『ダイヤル』アプリや『連絡先』アプリは登録されている連絡先の電話番号をタップするだけで電話をかけることができてしまいます。特に確認画面が表示されるわけでは無いので、慣れないうちは驚くことが多いと思います。

そのため、電話の発信時に確認画面を出すことのできるアプリ『発信確認 Call Confirm』が古くからあります。

『発信確認 Call Confirm』の使い方

『発信確認 Call Confirm』はかなり古くからある老舗のアプリなので「知ってる」、「使ったことがある」と言う人も多いでしょう。

アプリ 発信確認 Call Confirm – Google Play の Android アプリ

インストールしたら設定しなくとも一度だけ起動しておく事をオススメします。機種やバージョンによっては一度起動しないとシステムに常駐せずに動作しない場合もあります。

初期設定

  1. アプリを起動したら記載されている内容をよく読み『設定』をタップします。

    Androidアプリ→Call Confirm

  2. 設定内容はデフォルトのままで問題無いと思いますが一読し必要なものはオンにします。

    Androidアプリ→Call Confirm→設定

初期設定は以上です。

確認画面の例

連絡先アプリ(またはダイヤルアプリ)から電話番号をタップし電話を掛けると『発信確認 Call Confirm』アプリが割り込み確認画面に『名前』と『電話番号』を表示してくれるようになります。

Androidアプリ→Call Confirm→ダイアログ

発信して問題が無ければ『発信』をタップすると発信が継続されます。『キャンセル』をタップすれば発信が停止し前画面に戻ります。

まとめ

稀にアプリをダウロード&インストールせずとも確認画面を表示してくれるスマートフォンがありますが、メーカーやキャリアが独自に表示しているものと思われるので別の機種へ機種変更した際には注意したほうが良いでしょう。