Androidスマホで誤って電話を掛けるのを防止する為に確認画面を出す方法

スポンサーリンク
スマートフォン アプリ

Androidスマートフォンでは、機種の設定にもよりますが連絡先アプリ(またはダイヤルアプリ)から「電話番号をタップ」しただけで電話を掛けることができてしまいます。このため、誤って画面に触れてしまうだけでも発信されてしまうので「確認画面を出すアプリ」の導入をオススメします。

スポンサーリンク

タップするだけで発信される

Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンから電話をかける場合、プリインストール(プレインストール)されているダイヤルアプリや連絡先アプリを使うのが一般的です。

しかし、これらのアプリは電話番号をタップするだけで確認画面などが表示されることなく「電話をかける」ことができてしまうため、何らかの拍子に意図せず画面に触れてしまうと誤って電話をかけてしまうことが考えられます。

このため、電話の発信時に確認画面を出すことのできるアプリ “誤発信防止 (Call Confirm)” のダウンロード&インストールがオススメです。

アプリ 誤発信防止 (Call Confirm) – Google Play のアプリ

誤発信防止 (Call Confirm)の使いかた

このアプリはインストールしただけでは機能せず、初期設定が必要となるので注意してください。

初期設定の手順

  1. アプリを起動し設定画面を表示します。

    Androidアプリ→誤発信防止 (Call Confirm)

  2. 設定より “このアプリを有効化” にチェックを付け、その他の項目を任意に設定します。

    Androidアプリ→誤発信防止 (Call Confirm)

    デフォルトでも問題は無いでしょうが “キャンセルボタンを表示” にチェックすると便利です。

初期設定のやり方は以上です。

確認画面の例と操作

連絡先アプリやダイヤルアプリから電話番号をタップすると “誤発信防止 (Call Confirm)” アプリが割り込み確認画面が表示されるようになります。確認画面には “名前” と “電話番号” が表示されるようになるので、確認して「発信をする」「キャンセルする」を選択することができます。

Androidアプリ→誤発信防止 (Call Confirm)

操作は設定によって異なりますが、デフォルトでは「受話器のアイコンを右へスワイプする」と発信され、「ナビゲーションバーの “戻る” ボタン」または「設定によって表示可能な “キャンセル” ボタン」をタップすればキャンセルします。

このようなアプリをダウロード&インストールせずとも確認画面を表示してくれる機種もありますが、それはメーカーやキャリアが独自に表示している機能なので別の機種へ機種変更した際には注意したほうが良いでしょう。