Androidスマホは Android 11 によって何が変わるのか?

スポンサーリンク
スマートフォンの操作 Android

2020年09月にGoogleより “Android 11” がリリースされました。前バージョン “10” よりお菓子のコードネームは無くなり数字のみのバージョン名となっています。

リリース直後は対応していないアプリなども多いため注意してください。
スポンサーリンク

Android 11とは?

2020年09月にリリースされたAndroid OSのバージョン11です。慣例に従えば “Android R” となりますが、正式には “Android 11” となります。

アップデートは、Pixelシリーズ(Pixel 2以上)を始めXiaomiやOPPOなどの名前が挙がっていますが、Androidスマートフォンのメジャーアップデートは1回または2回は提供されるのが多いため、発売時にAndroid 9やAndroid 10が適用されていた機種は対象機種となる可能性が高いでしょう。

ただ、最終的にはメーカーやキャリア(NTTドコモやau、ソフトバンクなど)の判断となり、機種によってはアップデートされない場合もあります。また、アップデートの提供には長い時間を要することが多いので、気長に待ちましょう。

新機能は?

バブル機能

バブルとは「メッセージのやりとり」に関する機能で、これまではメッセージアプリに切り替える操作が必要でしたが、ポップアップされアプリを切り替えることなくメッセージの表示や入力が可能になります。

Android 11→バブルAndroid 11→バブル

画面録画

画面に表示されている内容を保存するのにはスクリーンショットが手軽ですが、静止画(画像)では無く動画で保存することができるようになります。

これまではサードパーティ製のアプリを使う必要がありましたが、標準機能として提供されることになります。

音声も同時に録画できるので、ゲーム実況などに便利かもしれません。

Android 11→スクリーンレコードAndroid 11→スクリーンレコード

権限を一度だけ許可する

アプリがスマートフォンの “マイク” や “カメラ” をはじめ “位置情報” などへアクセスするには、ユーザーが権限を許可する必要があります。

これまでは、一度許可した権限は以後も継続されていましたが「一度だけ許可する」ことができるようになりました。

Android 11→ダイアログ→権限

スマートホームデバイス連携

Googleアシスタントにリンクしたデバイスが自動的に検出され、さまざまなスマートホームデバイスへ簡単にアクセスできるようになります。

電源ボタンを長押しすることでスマートホームデバイスを表示できるようになります。

メディアコントロール

クイック設定ツール(クイック設定パネル)にコントロールボックスが表示され再生の操作(次の曲へ、前の曲へ、一時停止など)を行うことができるようになります。

アプリの候補

ホーム画面の最下列に表示されるアプリが、アプリの使用頻度によって入れ替わるようになります。また、入れ替わっては困るアプリを “ピン留め” したり、表示したくないアプリを “ブロック” することもできます。

設定は、ホーム画面を長押しして “ホームの設定” → “候補” より行えます。
Androidスマホは Android 10 によって何が変わるのか?
2019年09月にGoogleより “Android 10” がリリースされました。今回より “お菓子” のコードネームは無くなり “10” のみとなっています。
タイトルとURLをコピーしました