Androidスマホでスリープ状態の画面に時刻などを表示する方法

スポンサーリンク
スマートフォン 設定

Pixel 3シリーズなど有機ELディスプレイのAndroidスマートフォンでは “Ambient Display(アンビエントディスプレイ)” 機能が搭載されており、スリープ状態のディスプレイ(画面がオフの状態)に “時刻” や “通知” などの情報を(常に)表示することができます。また、非対応の機種であっても専用アプリをダウンロードすることで同様の機能を再現することも可能です。

スポンサーリンク

Ambient Displayとは?

Ambient Display(アンビエントディスプレイ)は、ディスプレイがスリープの状態(オフの状態)でも “時刻” や “通知” などの情報を点灯させる機能です。ディスプレイの特性上、有機ELディスプレイにおいて使われることの多い機能で、Pixel 3シリーズの他にも同等の機能としてGalaxyシリーズの “Always On Display” などがあります。

Pixel 3など有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンで、スリープ状態であるにも関わらずディスプレイに “時計” などが表示されるのは、このAmbient Displayの機能によるもので通知用のLEDが搭載されていない機種であっても代わりを果たしてくれます。

Pixel 3では、このAmbient Displayを活用した機能がいくつか搭載されており、情報を「常にON」にしたり「端末を持ち上げて通知をチェック」「端末の画面をダブルタップして通知をチェック」などの操作を行うことができるようになっていますが、これらの機能は設定からオン/オフを切り替えることができるので「端末を持ち上げたときに点灯してほしくない」と言う場合にはオフにすると良いでしょう、

参考 スマートフォンに搭載される “有機EL” とは?

Ambient Displayの使いかた

Ambient Displayは「常にオンにする」と言うこともできますが、これをオフにしも「端末を持ち上げて」「画面をダブルタップして」表示させることもできるので、常に表示されているのが嫌な人はオフにした上で、必要に応じた機能をオンにするのがオススメです。

Ambient Displayを使った機能は機種によって異なります。今回は、Android 9 Pieを搭載したPixel 3を例とします。

常にオンにするかを設定する手順

  1. 設定より『ディスプレイ』をタップします。

    Android 9 Pie→設定

  2. ディスプレイより『アンビエント表示』をタップします。

    Pixel 3→設定→ディスプレイ

  3. アンビエント表示より『常にON』をオン/オフにします。

    Pixel 3→設定→ディスプレイ→アンビエント表示

    オンにするとスリープ状態のディスプレイに “時刻” や “通知” が表示されるようになります。

常にオンにするかを設定するやり方は以上です。

これをオフにした場合でも「端末を持ち上げて」「画面をダブルタップして」と言った動作でオンにすることができます。

画面をダブルタップで通知を表示するか設定する手順

  1. アンビエント表示より『端末の画面をダブルタップして通知をチェック』をタップします。

    Pixel 3→設定→ディスプレイ→アンビエント表示

  2. 端末の画面をダブルタップして通知をチェックよりオン/オフを切り替えます。

    Pixel 3→設定→ディスプレイ→アンビエント表示→端末の画面をダブルタップして通知をチェック

    オンにするとディスプレイをダブルタップした際に “時刻” や “通知” が表示されるようになります。

端末を持ち上げて通知を表示するか設定する手順

  1. アンビエント表示より『端末を持ち上げて通知をチェック』をタップします。

    Pixel 3→設定→ディスプレイ→アンビエント表示

  2. 端末を持ち上げて通知をチェックよりオン/オフを切り替えます。

    Pixel 3→設定→ディスプレイ→アンビエント表示→端末を持ち上げて通知をチェック

    オンにすると端末を手に持つだけで “時刻” や “通知” が表示されるようになります。

新しい通知の表示を設定する手順

  1. アンビエント表示より『新しい通知』をオン/オフにします。

    Pixel 3→設定→ディスプレイ→アンビエント表示

    オンにするとスリープ状態のディスプレイに通知内容が表示されるようになるので注意してください。

Ambient Displayの使いかたは以上です。

有機ELディスプレイを搭載していても、機能が提供されていない場合でも専用のアプリをダウンロード&インストールすることで同等の機能を使うことができるようになります。

非対応機種で使うには?

対応機種でのみ使える機能と思われがちですが、Google Playに公開された専用のアプリをダウンロード&インストールすることで、非対応機種でも使うことができるようになります。

ただし、通常の液晶ディスプレイの場合にはバックライトを一部のみ点灯させることができないため消費電力が大きくなります。

このため、有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン以外では、常にディスプレイを点灯させているものと変わらなくなってしまうので注意が必要です。

アプリ Always on Screen – Google Play の Android アプリ

タイトルとURLをコピーしました