USBケーブルを使わずにadbをワイヤレスに接続する方法【要root化】

スポンサーリンク
スマートフォン カスタマイズ

Xperiaのカスタムをしているとadbで接続する機会が多くあります。そんなときにはUSBケーブルでパソコンと接続していますが、接続すると充電が始まってしまいバッテリーの劣化につながってしまうような気がするのでワイヤレスで接続できないものかと調べてみました。

root化及びそれに関連する事はすべて自己責任です。何がおきても一切の責任は負いません。

スポンサーリンク

必要なもの

事前準備

adbWireless.apkのインストール

adbWireless.apkはgoogle playには登録されておらずインターネット上からダウンロードして端末から直接インストールする必要があります。インストールする方法は「インターネット上からダウンロードしたapkファイルをインストールする」を参照してください。

adbをワイヤレスで接続する

adbWirelessの起動

  1. adbWirelessを起動すると以下のような緑色のボタンが表示されます。
    adbWireless「未接続」

  2. 緑色のボタンをタップすると以下のような赤色のボタンに変化しネットワーク接続が可能な状態になります。
    adbWireless「接続」

パソコンからadb接続

  1. コマンドプロンプトを起動します。

    コマンドプロンプトの起動方法がわからない場合には『Windowsのコマンドプロンプトを起動する方法』を参照してください。

  2. コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。接続先スマートフォンのIPアドレスはadbWiressの画面に表示されているものを入力します。
    > adb connect [接続先スマートフォンのIPアドレス]
    * daemon not running. starting it now on port 5037 *
    * daemon started successfully *
    connected to [接続先スマートフォンのIPアドレス]
    

  3. connected to [端末のIPアドレス]と表示されればワイヤレスでの接続は成功です。しかし、接続しているだけなので次にShellを起動します。
    > adb shell
    

  4. 『$(または#)』が表示されれば成功です。
    $ 
    

adbWirelessの終了

adbWirelessの赤いボタンをタップすると緑のボタンに戻り接続が切断されます。

まとめ

いちいちUSBケーブルを接続しなくてもWi-Fiを使ってワイヤレスでadb接続をすることができました。バッテリーの健康状態にも少しは貢献するのではないでしょうか。